本文へ移動

研究教育職域会

研究教育職域会の自由集会

日 時 : 令和元年5月25日(土) 11:00~11:30
場 所 : リンクステーションホール青森 4F中会議室
内 容 : 全国研修会講演内容の伝達
      令和元年度事業計画(案)
      その他

活動報告

平成30年度 青森県栄養士会 研究教育職域会 研修会
日時:平成31年2月17日(日)14:00~17:00
会場:リンクモア平安閣市民ホール
 
<講演>
 今年度の研修会では、講師に女子栄養大学 栄養学部 教授 武見ゆかり先生をお迎えし、「健康・栄養対策の課題と現実~管理栄養士・栄養士養成校の責務は?」というテーマで、ご講演いただきました。健康日本21(第二次)で、重要な政策として掲げられている「健康寿命の延伸」において、認知症ややせの問題へのポピュレーションアプローチも必要になっていることや、リスク低減のポイントは適正な量(適正体重を保つこと)や適正な質の食事(栄養バランスや減塩)であることについて、エビデンスを用いてわかりやすくご説明いただきました。成果を上げる対策を考える際の参考として、イギリスの減塩戦略の成功事例を伺うことができました。その事例では、食塩の摂取源を食品群別にみるのではなく、家庭調理か加工食品かという視点で分類して分析することで、食塩の摂取源の8割を占める食品企業を特定し、企業とともに食塩量を長期にわたって少しずつ減らすことに成功していました。
 健康寿命の延伸において、個人、家庭への食育と食環境整備の両方が必要であることとその取り組み方についてご講演いただき、本県の健康・栄養課題解決につなげるためのアプローチの仕方について考えを深める良い機会となりました。

協議会の紹介

 会員は研究機関、大学、企業の研究室で調査、実験、品質管理、商品開発等を行う者、管理栄養士・栄養士養成施設における教育担当者、および調理師、介護福祉士、看護師等の養成機関で栄養学、食品学について教育する者です。

各学校の紹介

各学校のリンク

TOPへ戻る